畳床のJIS規格

(1)稲わらサンドイッチ畳床 JISA5901

表1 - 材料及び構造による区分

区分 記号 材料及び構造
稲わら畳床 WR 稲わらを材料として構成したもの。
ポリスチレンフォームサンドイッチ稲わら畳床 PS 押出法ポリスチレンフォーム断熱材を芯材とし、
上下を稲わらで構成したもの
タタミボードサンドイッチ稲わら畳床 TB タタミボードを芯材とし、
上下を稲わらで構成したもの。

表2 - 標準寸法による区分

区分 記号a)
2000 × 1000 × 50 100W
1900 × 950 × 50 95W
1840 × 920 × 50 92W
a)100Wは本間(京間)、95Wは三六間(中京間)、92Wは五八間(江戸間、関東間)の
標準寸法に該当する。

表3 - 寸法の許容差

記号 長さ 厚さ
標準寸法 許容差 標準寸法 許容差 標準寸法 標準寸法
100W 2000 ±30 1000 ±15 50 ±2
95W 1900 950
92W 1840 920

表3 - 寸法の許容差

区分 記号 芯材の厚さ
mm
畳床1枚の質量
kg
縦糸

間隔



mm
横糸

間隔



mm
(参考)
単位面積あたりの
質量
kg/m2
押出法ポリ
スチレン
フォーム
断熱材
タタミボー
a)
100W 95W 92W
稲わら畳床 特級品 WR-S - - 34.0 30.7 28.8 30 21 17.0
1級品 WR-1 - - 32.0 28.9 27.0 27 16.0
2級品 WR-2 - - 30.0 27.0 25.4 30 15.0
3級品 WR-3 - - 28.0 25.3 23.7 33 14.0
ポリスチレン
フォームサンド
イッチ稲わら
畳床
- PS-C20 20 - 23.0 20.8 19.5 30 11.5
PS-C25 25 - 21.0 19.0 17.8 30 10.5
PS-C30 30 - 19.0 17.0 16.0 30 9.5
タタミボードサ
ンドイッチ稲わ
ら畳床
- TB-C20 - 20 28.0 25.3 23.7 30 14.0
TB-C25 - 25 27.0 24.5 23.0 30 13.5
a) タタミボードの芯材の厚さは、タタミボードの厚さの合計値。
b) 厚さ55mmの畳床の質量は、上記厚さ50mmの畳床の質量の+10%増しとする。

表5 - 質量、縦糸の間隔及び横糸の間隔の許容値

畳床1枚の質量の許容差
kg
縦糸の間隔の許容差
mm
横糸の間隔の許容差
mm
±2.5 ±3 ±3

(2)建材畳床 JISA5914

表1 - 材料及び構造による区分

区分 記号 材料及び構造
I型 KT-Ⅰ

タタミボード(TB)を主な材料として構成したもの。

II型 KT-Ⅱ

タタミボード(TB)と押出法ポリスチレンフォーム断熱材(PS)とを主な材料と
して、2層に構成したもの。

Ⅲ型 KT-Ⅲ

タタミボード(TB)と押出法ポリスチレンフォーム断熱材(PS)とを主な材料と
して、3層に構成したもの。

K型 KT-K

押出法ポリスチレンフォーム断熱材(PS)を主な材料として構成したもので、
裏面にかまち補強材をもつもの。

N型 KT-N

押出法ポリスチレンフォーム断熱材(PS)を主な材料として構成したもの。

表2 - 標準寸法による区分

区分 記号a)
2000 × 1000 × 50 100W
1850 × 940 × 50 94W
1820 × 910 × 50
11820 × 910 × 55
91W
a)100Wは本間(京間)、94Wは三六間(中京間)、91Wは五八間(江戸間、関東間)の
標準寸法に該当する。

表3 - 寸法の許容差

単位 mm

記号 長さ 厚さ
標準寸法 許容差 標準寸法 許容差 標準寸法 標準寸法
100W 2000 ±30 1000 ±15 50 7
94W 1850 940 50
91W 1820 910 50
55

表4 - 質量の許容差、縦糸の間隔及び縫目間隔

区分 タタミボード
の厚さ


mm
畳床1枚の質量
kg
縦糸

間隔

mm
横糸

間隔

mm
(参考)
単位面積あたりの
質量kg/m2
100W 94W 91W a) 許容差 厚さ50mm製品
Ⅰ型 50以上 24.5 21.5 20.5 ±15% 30
以下
21
以下
12.3
Ⅱ型 10(10×1枚) 7.0 6.1 5.8 3.5
15(15×1枚) 9.2 8.0 7.6 4.6
20
(10×2枚、20×1枚)
11.5 10.0 9.5 5.7
25(10+15) 13.5 12.0 11.5 6.8
Ⅲ型 20(10+10) 11.5 10.0 9.5 5.7
25(10+15) 13.5 12.0 11.5 6.8
N型 - 5.5 5.0 4.5 2.7
K型
a) タタミボードの厚さ5mm増しで、畳床55mmの場合、91Wの質量は、表4の10%増しとする。

表5 - 性能

区分 含水率
たわみ量 a)
mm
局部圧縮量
mm
Ⅰ型 13以下 6.0以下 4.0以下
Ⅱ型 8.0以下
Ⅲ型
N型 - 12.0以下
K型
a)たわみ量については、タタミボードの厚さが、Ⅱ型は10mm及び15mm、Ⅲ型は20mmの場合に適用する。